Just another サイト リンクスガーデン site

ケアリスト
並木 遥
のブログ
2020年7月29日

*SPF?PA?

美容室プリム 並木です。

この季節になると日焼けや紫外線が気になりますよね?

日焼け止めの強さを表す「SPF」や「PA」など目に付くこと多いかとお思います。

なんとなく多い方が強いと分かっていても、いまいち理解していない人が多いですよね。

まず、紫外線にも3種類あるのをご存知でしょうか。

「紫外線A波(UVA)」「紫外線B波(UVB)」「紫外線C波UVC」です。

・紫外線A波は、肌の奥深く真皮まで届き肌内部に活性酸素を作りだします。するとDNAを傷つけたりコラーゲンやエラスチンも破壊し、シワやたるみなどの肌老化を招きます。窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要です。

・紫外線B波は、肌表面が赤くなる炎症を引き起こします。肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくても過剰なメラニン色素をつくり、やがて色素沈着となりシミやソバカスの原因になります。

・紫外線C波は、B波より有害な紫外線です。通常は、オゾン層によって吸収され地上まで届くことがなかったのですが、近年のオゾン層破壊によって地上まで届いてしまうことが心配されています。

日焼け止めは紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)をカットするものです。

・SPFは、主に紫外線B波の防止効果を表す目安の数値です。

数字が大きいほど効果が高くなります!

この数値の意味は、50だと50時間効いて30だと30時間効くという意味ではありません(>_<)

紫外線が当りだしてから日焼けしてしまうまで、人によって個人差がありますがだいたい15~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができるという意味です。ここでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、そうです、残念ながら日焼け止めを塗ったからといって100%紫外線が防げているわけではなく、すごく少なくできているよということなのです!

つまりSPFとは「時間」ではなく防御力(強さ)であると言えます。

選び方のポイントは、通勤やおつかいなど1時間以内のお出かけには35程度、1時間以上のレジャーやスポーツには50以上を使うことをおすすめします。

また日焼け止めは時間が経つとともに効果が減ってきます。こまめに塗りなおしましょう。

・PAは、主に紫外線A波の防止効果を表す目安の数値です。+の多さが紫外線A波に対する効果の高さを示します。++++、+++、++、+の4段階があり下記のように設定されています。

PA++++

極めて高い効果がある

PA+++

非常に効果がある

PA++

かなり効果がある

PA+

効果がある

紫外線A波で特に気にして欲しいのは、春・夏以外でも「そこそこ降り注いでいる」ということ。

ご覧のとおり紫外線B波は10月~2月にガクっと減るのに比べ、A波は安定して降り注いでいるのです。シワやたるみが気になる方で、室内の窓際にいる方や外に出ることが多い方は冬もしっかりUVケアをしていただきたいです。

是非、参考にしてみてください!

美容院プリム 並木でした!

私の働いている美容室